ようちえん
ニュース

1月メッセージ

新年明けましておめでとうございます。
2019年が始まりました。

YMCAでは学校・財団のスタッフが集い、5日に桜山教会で新年礼拝を行いました。桜山教会は、太平洋戦争で焼失したYMCAが、教会の一部をお借りして地域に根づいた子どもたちや若者のための活動を再開した場所です。その事を覚えて、毎年この場所から新たな年をスタートしています。

そしていよいよ4月には、私たちが育ち、子どもたちが生まれた「平成」の時代が、終わりの時を迎えます。「平成」という時代は、平を成す平和な世を願ってつけられた名前と聞きます。でも平成の30年間を振り返ってみると、相変わらず戦争や災害、貧困や差別といった悲しいことも多くあった時代でもありました。

新しい時代はどんな時代になるのでしょうか。
私たちや子どもたちが歩んでいく新しい時代が、『平和』になることを切に願います。

その『平和』は人のこころから生まれ、人が作り出していくものだと思います。私たち一人ひとりが平和を作り出す人として、今おきていることに無関心にならず、また今あるあたりまえのことがどれだけ平和なことで、どれだけ幸せなことなのか、考え行動していかなければならないのではないでしょうか。

2019年がよい年となりますように。     (園長 東田 美保)

ニュース一覧へ